アキヤマ建設

家創りはきっと楽しいはず

資料請求
お問い合わせ・ご相談

2×4住宅のご紹介2×4住宅のご紹介

木造建築の工法のひとつに2×4(ツーバイフォー)という工法があります。
昔ながらの日本建築では「太い柱」が家の基本にあり、その家の強さを表し実際大きな意義を持っていました。
それに対し、2×4では"柱"に代わり、強い"面"が日本にとって大きな課題である
"地震"や"台風"の被害から家を守れる頼もしい工法です。

当社では、ご予算的にSE構法で建てるのが難しいお客様などにパッシブデザインと合わせて提案しております。
アキヤマオリジナル2×4住宅
災害に強く、日本の木造に適した工法
2×4のおおもとになる"面"には厳しい規格があり、品質管理が行き届いています。基本的に、2×4では規格に準拠した面材、枠材が一体となった形(プラットホーム)で一つのパーツを形成します。それぞれの面を互いに緊結して、構造を形成していきます。
地震や台風で大きな力が外部から掛かった時はどこかに集中することなく、面全体でそれを分散させていくことになります。その結果より強固で、災害に強い日本の風土にあった木造住宅となるのです。
耐火構造も強い
ファイヤーストップ材により火の通り道をシャットアウトして火災に強い

2×4住宅で使用する壁材には「ファイヤーストップ材」の存在があります。ファイヤーストップ材は壁の中に火が入ってきても通り道を塞ぐシャッターの役目を持っています。
これにより、各壁が防火シャッター的な役割を果たすので、とても火災に強い構造になっています。

工期と金額面のメリット
規格化された素材で施工、だから品質も性能も確保しながら工期や金額の負担減

2×4住宅は規格化された素材を使って施工することから工期が短くなったり、金額的なメリットにもつながります。

工期と金額面のメリット
アキヤマでは経済的にすぐれ、強固な構造体である2×4住宅に多くの実績を持ち、品質と性能、そして住み心地などすべてに高い評価をいただいております。
お気軽にお電話下さい。
tel.054-345-1735
土地探しはお任せ下さい
資料請求はこちら
家づくりセミナー
住宅見学会
よくある質問
主な対応エリア
【主な対応エリア】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)
焼津市・藤枝市
アキヤマの賃貸情報
日本の家を100%耐震に。