アキヤマ建設

家創りはきっと楽しいはず

資料請求
お問い合わせ・ご相談

施工中ブログ施工中ブログ

ドーマー屋根の設置は慎重に!

2017.08.16

Y様邸奥様の最大のこだわり、イメージ通りにできるよう設計時に何度も書き直したドーマー屋根部分の瓦葺きが始まりました。

81.jpg

雨水の流れをさえぎる形のドーマー屋根は、雨漏りの原因になりやすいということもあり、写真のように板金で「捨谷」と呼ばれる通り道を作ります。この捨谷が上部から流れてくる雨水を拾ってくれ、建物内への侵入を防ぎます。

80.jpg

久々に施工するスパニッシュ瓦もいい色合いです。

SE構法建て方施工しました!

2017.08.03

7/28日、SE構法による建て方工事が施工されました。

断面欠損の少ないSE金物(黒い板状の部分)により、

3921.jpg

堅牢な集成材が次々と組み上げられてゆきます。

3918.jpg

30年近く前にハウスメーカーで施工されたというお隣の方も、特殊なSE構法の建て方を見学され、「いやあ、これなら木の家もいいですねぇ~」と、うれしい一言をいただきました。

3938.jpg

耐震等級3には理由があります!

構造見学会開催予定ですので、是非お問い合わせください!

建て方準備着々と。。。

2017.07.26

28日のSE建て方に向けて、工事が着々と進められています。

3828.jpg

白く見えているのは、ミラフォームという床下断熱材で厚さは65mmとぶ厚いです!

3808.jpg

更に、SE構法の場合柱は土台木材の上に乗るのではなく、主要な柱の直下に柱脚金物を配し、柱と基礎とを堅竿に固定しています。

anchor.jpg

柱脚金物は高強度なアンカーボルトにより、基礎に直接取り付けられるので、地震などの横からの力に強く、建物を支えます。

 

耐震等級3の長期優良住宅、いよいよ建て方です!

基礎が完成し、大工さんの墨出し作業中です。

2017.07.18

空梅雨と連日の猛暑で、基礎の乾燥が予定より早くす進みました。

そこで、建て方までまだ日がありますが、現場が落ち着いている祭日に、大工さんが土台施工前の墨出し作業を行っておりました。

20170717_083655.jpg

これは、基礎の上部に施工される土台やSEの橋脚金物の位置などを、前もって基礎部分に目印を落としておく作業で、昔は墨壺を用いて行われていました。

20170717_083714_001.jpg

今の時代の家づくりでは、職人さんたちのこいうった生真面目さはとても貴重です。

猛暑の中、熱中症に十分注意して作業を続けてください!

基礎立ち上がりコンクリート打設

2017.07.15

ベタ基礎施工からの、立ち上がりコンクリート(昔の布基礎上部)のコンクリート打設が行われました。

3434.jpg

コンクリート内に空気が混入しないように、慎重に空気を抜きながらコンクリートを流し込んでゆきます。

3433.jpg

表面には水平になるように水を張って、今月末の建て方を待ちます。

構造計算されたSE基礎配筋施工!

2017.07.06

SE構法では、すべての建築物を基礎まで構造設計を行っています。

3293.jpg

上部構造から基礎構造への作用する力の分布を明確に算出することができるため、基礎もFEM解析を行うことで上部構造に適した基礎の計画が可能です。

3289.jpg

 

鎮物と根切り着工

2017.06.28

地鎮祭も終了し、梅雨の合間に根切り着工しました。

3068.jpg

他の草薙地区の敷地同様、地盤調査結果は良好。

地盤改良なしでベタ基礎工事に入れます。

根切り工事の前に、鎮物を家の中心の地中に納めます。

3066.jpg

この鎮物(しずめもの)とは、土地の神に静かにしていただくためにささげる貢物で、昔は昔は人形(ひとがた)・鏡・剣・矛などを埋めていました。

地鎮祭

2017.06.25

大安吉日の6月24日、柴犬ちゃんが思いっきり走り回れる敷地に、地域型住宅グリーン化事業「未来につなげるecoな家」、Y様邸地鎮祭が執り行われました。

20170624_102020.jpg

構造・断熱は最強に、見た目は可愛く!がY様のリクエスト。

さてどんな家になるのか?

これからの施工日記をお楽しみにしていてください!

お気軽にお電話下さい。
tel.054-345-1735
土地探しはお任せ下さい
資料請求はこちら
家づくりセミナー
住宅見学会
よくある質問
主な対応エリア
【主な対応エリア】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)
焼津市・藤枝市
アキヤマの賃貸情報
日本の家を100%耐震に。