アキヤマ建設

家創りはきっと楽しいはず

資料請求
お問い合わせ・ご相談

よくある質問よくある質問

アキヤマの家づくりについて

家づくりなにからはじめたらいいの?

1.建設スケジュールを考える
いつまでに自分たちの家をつくりたいか、まずは目標を決めることから始めましょう。
「子供が小学生になるまで」や、「ご両親と一緒に住むまで」など日付の決定が難しいときは、
○○○○年の○○月くらいまで」などザックリした設定でも大丈夫です。
とにかく書くこと、決めることから始めてみましょう。
アキヤマの資料請求を検討する

2.家づくりのパートナー選び
色々な雑誌、ホームページを見て情報収集に努めましょう。
イベント、見学会に参加するのも会社を知る上で非常にためになります。
その中であなたが気になる会社をピックアップして、アプローチしてみましょう。
アキヤマのセミナー・見学会情報を見る

3.資金の計画を立ててみよう!
しっかりとした資金計画は、決して家族の夢を邪魔しません。
むしろ、「こんなにかけてしまって大丈夫かな?」
「払いすぎていないかな?」という心配をなくしてくれる、安心の物差しとなるのです。
家計の収支や、家を建てた後のお金についてご心配な方は、無償でファイナンシャルプランナーをご紹介いたします。
①自分たちの適正な予算を把握する
②土地、建物にかかる全ての費用を把握する
アキヤマのセミナー・見学会情報を見る

SE構法ってなんですか?

「重量木骨の家 SE構法」とは強度が高い構造材と、柱と柱・柱と土台を結合する独自開発のSE金物で、屈強な耐震強度を実現可能にした家づくりの工法です。
また構造・骨組みの強度が上がることで、より柔軟に開放的な空間づくりも可能にする、住まう人に優しい家づくりです。
SE構法について詳しく見る

2×4ってなんですか?

木造建築の工法のひとつに2×4(ツーバイフォー)という工法があります。 昔ながらの日本建築では「太い柱」が家の基本にあり、その家の強さを表し実際大きな意義を持っていました。 それに対し、2×4では"柱"に代わり、強い"面"が日本にとって大きな課題である。 "地震"や"台風"の被害から家を守れる頼もしい工法です。
アキヤマオリジナル2×4について詳しく見る

パッシブデザインってなんですか?

その土地ごとの太陽の光や熱量、風のエネルギーを緻密に計算して「夏涼しく冬暖かい家」を実現する。
そんな想いを設計手法に取り入れることが、パッシブデザインという設計のあり方です。
海と山に囲まれ、日照時間が日本一と言われる静岡だからパッシブデザインは活き活きと発揮されます。
パッシブデザインについて詳しく見る

断熱性能はどうですか?

断熱材は現場吹き付け発泡による「アクアフォーム」を標準仕様に、住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆うように施工します。 サッシは断熱ガラスのLow-Eを標準仕様に、最も熱損失の高い開口部の断熱対策もしっかり取っています。 また一棟一棟、温熱計算、消費一次エネルギー計算を実施しており、年間を通した冷暖房費を予測することができます。 その結果は、省エネルギー対策等級4(最高等級)と、高い省エネ性能を持つ家になります。

外壁は何を使ってますか?

高級感と耐久性に優れた、塗り壁材のジョリパッドを標準としております。
お客様の好みに応じて、窯業系サイディングへの変更や張り分けなどもご提案しています。

内装材は何を使えますか?

ご家族ごとのライフスタイルにマッチした、自然素材の提案をしています。
ご予算や、こだわりを考慮して、耐久性や、メンテナンスのしやすさを考えた部材選びをしています。
お気軽にお電話下さい。
tel.054-345-1735
土地探しはお任せ下さい
主な対応エリア
【主な対応エリア】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)
焼津市・藤枝市
アキヤマの賃貸情報
日本の家を100%耐震に。