アキヤマ建設

家創りはきっと楽しいはず

資料請求
お問い合わせ・ご相談

施工中ブログ施工中ブログ

内観

2020.03.16

住居部分

DSC03352.JPG

プラスターボードの継ぎ目はパテ処理がされています。クロスが仕上がった後の下地目地が表面に出てこないようにしっかりと施工してあります。

クロス仕上げ・キッチン搬入

DSC03411.JPG

クロスが貼り終わり、キッチンが搬入されています。

1F店舗

DSC03354.JPG

1F店舗はカウンターが設置され、厨房内は黄色系の塗装仕上げになります。

外観

2020.03.09

足場撤去

f2483f732e686f95a086fa7de418b1e67691404a88e232d8b4e5a73509d19207.0.jpg

足場が撤去され白いジョリパットの外壁が青空に映えています。

階段設置

2087.jpg

2階の店舗に通じる階段が設置されています。

内部工事

2020.03.01

3F床仕上げ

DSC03316.JPG

居住部分の床はフローリングを施工し、その上に養生マットを敷き詰めました。

1F床下地

DSC03330.JPG

1Fも完了が近づき床CF仕上げの下地になるコンクリート金コテ仕上げに入りました。画像はベースコンクリートの上にクラック防止メッシュを敷き詰め、土間コンクリートを打設しています。

外部工事

2020.02.29

下地

モルタル

DSC03334.JPG

外壁ジョリパットの下地モルタルはグラスファイバーのメッシュを一緒に塗り込んで下地にクラックが入らないように施工してあります。

パネル工事

DSC03335.JPG

外部の構造梁・柱のパネルが完了しました。ジョリパット工事が終わると、接合部に入れたGLの見切り・水切りの取り合いをコーキングします。

内装工事

2020.02.25

EV設置

elveter001.jpg

3Fが居住スペースになるお母さんの為に、EVが設置されました。

階段工事

kaidan001.jpg

階段が設置され外周面のPBボードを施工しています。

3F内装

DSC03300.JPG

枠・壁下地が完了し床フローリングをこれから張っていきます。

外部工事

2020.02.16

屋根施工20200216082117.JPG

GL鋼板縦ハゼ吹き GL鋼板の下には屋根用断熱シートが施工されています。

外部防水シート

20200216082319.JPG

バルコニーのFRP防水完了後、水切(GL鋼板)が設置され防湿防水シートが貼られています。

通気胴縁

DSC03230.JPG

防水シートの上に45x30の通気胴縁が施工されています。

断熱工事

2020.02.16

外周壁断熱

20200216081555.JPG

G-ビルの1F床面以外の断熱材は、一般的なフロンガスを含む発泡ウレタンとは違うアクアホーム®を吹付けて有ります。アクアフォーム®は、温室効果の大きいフロンガスを使わず、水を使って現場で発泡させる断熱材で人と地球に優しい硬質ウレタンフォーム素材です。

小屋裏(屋根面)

20200216081737.JPG

屋根面及び小屋裏壁面も隙間なく断熱材が吹き付けてあります。

 

 

木工事

2020.02.16

木工事内観

20200216080914.JPG

3F外周部間柱が施工された状況

耐力壁

20200216081032.JPG

2F耐力壁が構造計算通り施工されています。

内部PB貼り

20200216081201.JPG

3F住居部分の和室造作工事 檜の枠組み後PB(石膏ボード)が施工されています。

建て方状況

2019.12.28

12月25日~27日の3日間で建て方工事を行いました。

通し柱

DSC02998.JPG

通し柱は120x120mmが一般的ですが、大空間3F建てのG-ビルには360x240mmの集成柱が使われています。重量木骨とが実感できる建物です。

1F柱施工状況

DSC03009.JPG

1Fの柱が施工されていきました。360x240mmの柱の太さに驚かされます。

3階梁施工中

DSC03078.JPG

3階から東の景観

DSC03055.JPG

3階東側は遮る建物が無い為、居住部からは富士山を観ることができます。

屋根垂木施工

DSC03089.JPG

屋根面の下地垂木施工中

養生完了

DSC03112.JPG

大工さんが屋根養生でブルーシートを敷き詰め、2019の作業を終了しました。

基礎(コンクリート)工事~土台据付

2019.12.21

ベースコンクリート打設

DSC02890.JPG

配筋検査で合格した後、いよいよ基礎コンクリートの打設が始まります。

一般の木造住宅のコンクリート設計強度は18N/mm2で、当社は2x4住宅等の木造住宅は24N/mm2のコンクリートを打設しますが、SE工法の基礎はさらに+3Nの強度加算が指定されていて草薙G-ビルは強度27N/mm2のコンクリートで打設されました。

立ち上がり打設

DSC02927.JPG

ベースコンクリート打設後、型枠を組み立てて立ち上がり基礎のコンクリートを打設しました。このコンクリートも27N/mm2で打設してあります。

脱型

DSC02970.JPG

コンクリート養生が終わり型枠を外した全景

柱脚金物

DSC02990.JPG

脱型が終わると前回紹介したアンカーに柱脚金物をナットで固定していきます。G-ビルは1・2階に大空間がある為、通常1個の金物が6個使用される柱が何本かあります。

土台設置

DSC02988.JPG

土台が設置された全景です。柱脚金物の見る事ができます。

お気軽にお電話下さい。
tel.054-345-1735
土地探しはお任せ下さい
資料請求はこちら
家づくりセミナー
住宅見学会
よくある質問
主な対応エリア
【主な対応エリア】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)
焼津市・藤枝市
アキヤマの賃貸情報
日本の家を100%耐震に。