アキヤマ建設

家創りはきっと楽しいはず

資料請求
お問い合わせ・ご相談

施工中ブログ施工中ブログ

工事進行状況

2021.03.07

断熱材

DSC05155.JPG

壁・天井にはグラスウールが隙間なく充填されます。

天井裏外壁部

IMG_20210226_133857.jpg

天井裏の外壁部分にま充填されている事が分ります。

省令準耐火軒裏耐火処置

IMG_20210226_133907.jpg

天井裏の外部に面する面は省令準耐火にのっとり外周面に12.5mmプラスターボードを張ってあります。

遮熱シート

IMG_20210306_145414.jpg

天井面の天井下地胴縁の上には、上面に銀紙が塗布してある反射シートが貼ってあり、室内に夏の熱気や冬の寒気の輻射熱が入ってこないように施工してあります。

天井仕上げ材施工

IMG_20210306_145359.jpg

天井面は300x900mmのジプトーンを貼りました。

玄関・ポーチ

2021.02.28

玄関・ポーチタイル貼り施工されました。汚れはどうしてもつくものですが、目立ちにくいという点でグレーのタイルを選びました。

20210226_063939.jpg

工事進行状況

2021.02.28

DSC05129.JPG

外壁合板完了

DSC05130.JPG

耐力壁は9mm一級構造合板で、構造計算により箇所と使用釘・ピッチが決められています。GT3の耐力壁は設計書通りCN50釘を外周75mm中央150mmのピッチで施工してあります。

DSC05152.JPG

防水紙 外周は合板の上から透湿防水シートを施工し、防水検査後下地通気胴縁を取り付け仕上げサイディング工事になります。

DSC05154.JPG

屋根はアスファルトルーフィングの防水検査ごGL鋼板縦ハゼ葺が完了しました。

建て方

2021.02.23

DSC05061.JPG

柱組み立て状況

DSC05068.JPG

柱組み立て完了

DSC05066.JPG

柱と梁を緊結するSE金物

DSC05094.JPG

屋根合板(野地板)設置状況

DSC05101.JPG

屋根防水フェルト敷き込み状況

脱型

2021.02.19

DSC04999.JPG

型枠解体状況 

DSC05029.JPG

基礎と建物を緊結させる柱脚金物が設置されました。

ベースコンクリート~立コンクリート打設

2021.02.14

コンクリートの設計強度は21N/mm2の建物は通常+3N/mm2増しのコンクリートを打設しますが、SE工法の場合はベース・立コン共+6N/mm2で27N/mm2のコンクリートが使用されます。

DSC04940.JPG

ベースコン打設状況

DSC04953.JPG

内部型枠組立状況

DSC04965.JPG

立コン打設状況

コンクリート打設はベース・立コン共バイブレーター(振動機)を使い鉄筋の間に隙間なくコンクリートが行きわたるように打設していきます。鉄筋とコンクリートがしっかりと付着し品質の高い基礎が出来上がります。

内部木工事進行

2021.02.12

内部建具枠取付、ボード張り、床フローリング張り、階段(手摺共)進行し各所特注カウンター待ちです。

20210213_094825.jpg

20210213_094906.jpg

20210213_094948.jpg

20210213_095105.jpg

20210213_094815.jpg

20210213_094740.jpg

20210213_094346.jpg

玄関収納仕切板

配筋検査

2021.02.09

ベースコンクリート打設前日配筋検査を行いました。

DSC04924.JPG

配筋全景

DSC04918.JPG

外周配筋

DSC04919.JPG

内部地梁配筋

DSC04922.JPG

スラブ(床)配筋

DSC04927.JPG

柱脚アンカー回り配筋

基礎工事

2021.02.06

丁張

DSC04880.JPG

基礎工事に先次て建物の位置出しと高さ(レベル)をトラッシットとレベル(水準器)で正確の出しました。

掘削

DSC04885.JPG

位置出しが終わると糸を張って掘削を行います。

防水シート・捨てコン

DSC04898.JPG

建物全体に防水・防湿シートが貼られ、湿気を防ぎます。その後捨コン打設し、この上に丁張で出した基準位置を落とし込み墨出しをしていきます。文字通り建物の構造には全く関係のない捨ててしまうコンクリートですが、施工には欠かせない重要な工程表です。

型枠施工

DSC04905.JPG

捨コンには外周墨と芯墨が墨坪で打たれ、墨に従って外周に型枠が設置されました。

柱脚アンカー設置

DSC04913.JPG

画像に縦横の墨が観えますが、この基準墨に構造計算で出された位置に正確にアンカーが設置されます。基礎と躯体を緊結させる重要なアンカーは構造計算で位置・本数・長さが細かく出されている、SE工法の肝になる工程です。

お気軽にお電話下さい。
tel.054-345-1735
自宅で見る不動産案内/見学会ライブ・お問合わせフォーム
土地探しはお任せ下さい
資料請求はこちら
家づくりセミナー
住宅見学会
よくある質問
主な対応エリア
【主な対応エリア】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)
焼津市・藤枝市
アキヤマの賃貸情報
日本の家を100%耐震に。