アキヤマ建設

家創りはきっと楽しいはず

資料請求
お問い合わせ・ご相談

施工中ブログ施工中ブログ

大工さん工事進行中~檜風呂と見せ梁施工~

2018.07.07

床・壁・サッシュ枠にまで、木目を生かしたH様邸。

S__86548491.jpg

S__86548490.jpg

天井の梁も見せることで、全方向木の温かみを感じられる内装が仕上がりつつあります。

S__86548496.jpg

パッケージされていて分かりにくいですが、豪華な総檜のお風呂も設置され、内部の工事は

LINE_P201877_094759.jpg

ここ数日最盛期を迎えています。

大工さんも鼻高々!木の香いっぱいのリビング

2018.06.29

H様邸リビング壁には、木質感重視のデザイン方針に従い、「タモ」の木肌が美しい突板が採用されました。

ナラの無垢床材や木製サッシュとの相性も抜群で、木の香いっぱいの内装仕上げとなりました。

20180628_170033.jpg

クロス仕上げにくらべると、手間もコストもUPしてしまいますが、ご家族が多くの時間を過ごすリビングに、これほどのこだわりを持っていただけると、造り手としてのやりがいがふつふつと沸いてきます。

20180628_170039.jpg

手間がかかるとぶつぶつ言っていた大工さんも、私が写真撮影に行くと自慢げに「いいだろ~」と、うれしそうにと説明してくれました。

このリビングに最後には薪ストーブが!

いやぁ、うらやましいっす!

これはなんでしょうか?

2018.06.23

床に敷かれた銀色のこれ、なんだと思います?

20180623_111656.jpg

実はこれ、ヒートプラスという遠赤外線床暖房なんです。

20180623_111706.jpg

厚さなんと0.5mm、基本的にはカットする形状も自由ときているので、改築等で既存の床の上に新しく床材を張り込む場合でも施工がとっても便利なんです。

しかもこれ遠赤外線のふく射熱なので、体の芯から温まるという優れもの。

20180623_111748.jpg

肌触りのいい無垢の床板に、ごろんと寝転がっても気持ちよさそうですね~。

垂れ壁にも耐震性?雑壁としての計算

2018.06.08

以前までの暑くて寒い、お子さんの成長とともに光熱費うなぎ上りだったH様邸に、奥様こだわりの断熱木製サッシュが施工されました。

20180607_113250.jpg

写真は、この木製サッシュの上部に更に欄間窓を設ける余地を検討している、設計士久保田と棟梁の話し合いの様子です。

耐力壁や筋交いとして耐震性の強度、絶対数としてカウントされない窓の上の垂れ壁ですが、厳密な耐震性能の計算では「雑壁」として、構造耐力に影響を与えており、棟梁としても引けない部分もあります。いわばデザインと構造とのせめぎあい、熱い議論が続いています。

天窓周りは要注意!屋根板金工事施工

2018.05.24

梅雨に入る前にということで、急ピッチで屋根板金工事が行われています。

20180522_080903.jpg

H様邸には3か所の天窓がありますので、通常の屋根よりもこの天窓周りの雨漏り対策が重要な工事になります。

20180522_081017.jpg

慎重にかつ迅速かつ美しく!板金屋さん頑張ってくれています。

20180523_160131.jpg

体感重量20Kg!木製断熱サッシュ

2018.05.13

断熱性能が高くデザインも美しい、いいことづくめの木製サッシュが取り付けられました。

LINE_P2018513_101343.jpg

ただ、難を言わせていただけば、重たい!(笑

LINE_P2018513_101351.jpg

ガラスは3重、木製のフレームもアルミや樹脂に比べて倍以上の重量があります。我々施工者泣かせではありますが、施工後の姿を見るとやはり美しい!

サッシュ屋さん、お疲れ様でした。

リノベーション工事のキモ「墨出し」

2018.05.01

建て方も完了し、内部の木工事造作工事に入っています。

大工さんの手元には、こちろん施工図や造作の詳細図はあるのですが、

20180501_110131.jpg

リノベーション工事の場合に、最も気を付けなければいけない確認事項

のひとつに、現場での現状確認とそれに伴った墨出し作業です。

20180501_110125.jpg

設計士やデザイナーの先生が、「こうなってるはず」で引いた図面も

既存住宅の場合「そうなってない」場合が多いものです。

20180501_110139.jpg

建物状況調査士の手により、しっかりと現状を調査し、大工さんとの

共同作業で墨出しを行い、施工方法や位置を情報共有する。

あとで後悔しないための、リノベーション工事のキモです。

豪華なお弁当に感激!

2018.04.20

いよいよ建て方の日を迎え、たくさんの大工さんが棟上げ工事を行っています。

20180420_112730.jpg

お昼には、祖施主様より豪華なお弁当をご用意いただき、まことにありがとうございました。

20180420_121615.jpg

これ、上棟に参加する大工さんたちの、楽しみなんですよね~。

H様、おめでとうございます!

建物状況調査と基礎の打ち増し

2018.04.05

増築部分の布基礎及び、既築部分の補強基礎の打ち増し工事が完了し、土台の据え付けを待つ養生期間に入りました。

20180402_113009.jpg

内部では、16日頃予定されている建方工事に向け、内部壁や天井を撤去した後の、梁や筋交いなどを再確認する「既存建物状況調査士」による、構造部の調査が行われています。

20180402_113058.jpg

場合により、提供されている建築確認図面と、現状の構造が大きく異なることもあります。耐震性能を再確認し確保するために、この現状調査により実際の壁の中を確認することが極めて重要です。

ご両親の思いが詰まった庭

2018.03.26

基礎工事と並行して、同居されるお母様と、今は亡きお父様の思いが詰まった美しい庭の雰囲気を損ねないよう、どのように新しくくしてゆくか?設計士の腕の見せ所です。

20180322_164901.jpg

がんばれ、アキヤマ設計のエース久保田!

20180322_164853.jpg

にやけている場合ではないぞ!

お気軽にお電話下さい。
tel.054-345-1735
土地探しはお任せ下さい
資料請求はこちら
家づくりセミナー
住宅見学会
よくある質問
主な対応エリア
【主な対応エリア】 静岡市(葵区・駿河区・清水区)
焼津市・藤枝市
アキヤマの賃貸情報
日本の家を100%耐震に。